メンズに話題沸騰中の育毛ローション!M字、O、U字型、混合タイプまで対応。チャップアップ

女性からの指示多数!】口コミから全国の女性に広がった薬用育毛剤ポリピュアEX

歯周病菌が薄毛を招く可能性がある!?

この記事は約 2 分

日本人の約8割が罹患しているとも言われている「歯周病・歯槽膿漏」ですが、実はこの歯周病・歯槽膿漏が薄毛にも影響を与えている可能性があるということをご存知でしょうか?

全身に悪影響を及ぼす歯周病菌

歯周病菌は歯周組織(歯肉・歯根膜・歯槽骨・セメント質)に炎症を引き起こして、歯を抜け落ちさせる菌として有名ですが、歯周病菌が与える影響は口の中だけに留まらず全身にも及ぶことがわかっているのです。

それは歯周病菌が歯肉から侵入して、全身の血液を巡るため。血管を通って侵入した歯周病菌があらゆるところで病を引き起こすのです。

歯周病菌がもたらす病気

では、歯周病に侵されるとどんな病気になるのか見ていきましょう。

・糖尿病

これは糖尿病患者が歯周病にかかった時に糖尿病の病状が悪化してしまうというリスクです。糖尿病の人はそうでない人に比べ歯周病にかかる割合が高いとの報告もあるので、生活習慣病が気になる人は歯周病ケアも同時に行なう必要があるといえるでしょう。

・心疾患

歯周病菌は心臓に住み着くといわれている細菌です。心筋梗塞になって死亡した人の心臓から歯周病菌が発見されたという報告もあるほど。

・誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

誤嚥性肺炎は自らの唾液や食べ物が肺に入ってしまい肺炎を起こす病気。私有病菌はこの肺炎を起こすリスクの高い細菌といわれているのです。

・骨粗鬆症

骨粗鬆症は加齢とともに骨がもろくなる病気です。歯も骨によって支えられている組織。その骨が弱くなることで歯周病が悪化し、歯周病菌が全身にまわりやすいと考えられています。

口の中が汚い人に健康な人はいない

審美歯科(歯の美しさに着目した歯科医院)でよくいわれるのが「口の中が汚い人に肌のキレイな人はいない」ということです。これは、前述した全身を巡る歯周病菌が関連しているのでしょう。実際のところ、口の中のケアを行なったほとんどの人が「肌がキレイになった」など、さまざまな効果を実感しているそうです。

では、歯周病と薄毛には何か因果関係があるのでしょうか?正直なところ、まだ、「歯周病菌が薄毛を進行させる」といった科学的根拠に基づいたものは発表されていません。

しかし、歯周病菌は血管を通って全身を巡り、さまざまな悪さをする菌には変わりないのです。つまり、薄毛になんらかの影響を与えても不思議ではないということ。薄毛対策の基本といえば「頭皮の血行改善」です。頭皮の血管に歯周病菌が紛れていたら、毛母細胞に何らかの影響を及ぼすような気がしませんか?

世界からみても日本人は口内ケアに関して疎かな国という認識をされています。歯周病と薄毛の因果関係はまだ立証されていませんが、関係があってもなくても、歯周病ケアは絶対に行なうべきです。歯周病菌が大病を呼び起こすことだって十分考えられるのですから。
The following two tabs change content below.
斎藤光

斎藤光

充実したライフスタイルを実現するために役立つさまざまな情報を発信。「なるほどね!」と思って頂ければ幸いです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加