メンズに話題沸騰中の育毛ローション!M字、O、U字型、混合タイプまで対応。チャップアップ

女性からの指示多数!】口コミから全国の女性に広がった薬用育毛剤ポリピュアEX

「低体温」が抜け毛増加のリスクを高くする!?

この記事は約 2 分

最近の日本人には「低体温」の人が増加傾向にあるということをご存知でしょうか?低体温とは普段の体温が通常より低い状態にあることを指します。ちなみに、健康な人の基礎体温は「37℃〜36.5℃」。37℃と聞くと微熱?と思う人も多いかもしれませんが、このくらいの体温がベストで、免疫力も高まり、基礎代謝も向上する最適な体温なのです。

女性に多い低体温はさまざまな病気を誘発する

低体温は特に女性に多くみられる症状ですが、「35℃」近辺を上がったり下がったりしている人は間違いなく、低体温です。

低体温になると、血行不良や免疫力の低下、疲労感、生活習慣病の悪化、代謝機能の低下、自律神経症の発症、アレルギーの発症、そして、何よりも恐ろしいのが、「ガン細胞が一番活発化する温度」という点です。しかも、基礎代謝が低くなるため、太りやすく痩せにくい体になってしまいます。

筋肉量が男性より少ないため、女性に多い低体温ですが、最近では男性でも低体温になる方が増加しているとか…。その理由は体を冷やす食事の摂りすぎや運動不足、ストレスなどさまざまな因果関係が絡み合って発症しているようですが、「男だから大丈夫」と過信していると、低体温になり病気にかかるリスクを高める結果を生んでしまうかもしれませんよ。

低体温が薄毛を助長させる理由

前置きが長くなりましたが、低体温と薄毛の因果関係はズバリ!血流の悪化です。

日本毛髪科学協会の会員の先生が、低体温と薄毛の関係を調査した結果、「頭皮の温度の低い箇所から脱毛がはじまった」との発表をされています。

つまり、低体温により、頭皮の血流が悪くなると、悪くなった部位の毛根へ必要な栄養素が届きにくくなり、髪の毛の発育やヘアサイクルに大きな影響を与えてしまうということですね。

しかも、低体温になると、基礎代謝も低くなるので、毛根内で髪の毛を作っている毛母細胞の働きも鈍くなってしまいます。ということは髪の毛が作られにくい状況になってしまうということです。

さらに、低体温によって免疫力が低下したら、それだけ外部からの刺激に弱くなることにも繋がります。そうなれば、頭皮を守ろうと皮脂を過剰に分泌させたり、外部刺激から頭皮を守ることができず炎症を起こしてしまったりすることもあるのです。皮脂の過剰分泌は毛穴詰まりにも繋がりますし、炎症は脱毛や抜け毛増加の原因に直結します。

このようにいいことのまったくない低体温を解決するには、まず、温かいものを摂取すること、そして、湯船にきちんと浸かること、次に筋肉を鍛えることがベストな対策です。低体温が気になる方は早速、自分の体温を測り、36℃以下だった場合は、体温を上げるための対策を立てることをおすすめします。
The following two tabs change content below.
斎藤光

斎藤光

充実したライフスタイルを実現するために役立つさまざまな情報を発信。「なるほどね!」と思って頂ければ幸いです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加