メンズに話題沸騰中の育毛ローション!M字、O、U字型、混合タイプまで対応。チャップアップ

女性からの指示多数!】口コミから全国の女性に広がった薬用育毛剤ポリピュアEX

紫外線があなたの髪の毛を奪っていく…!夏のハゲ対策

この記事は約 2 分

紫外線が肌を老化させるということは皆さんご存知のことでしょう。実は、肌のように髪も頭皮も紫外線によって老化してしまうのです。直射日光の厳しくなる夏。肌の紫外線対策が必要なように、健康な髪と頭皮環境を維持するためにも頭部にも紫外線対策を施す必要があります。

紫外線は切れ毛を増やす 

日本人の髪の黒さはメラニン色素によるもの。紫外線を浴びるとこのメラニン色素が分解され、色素が変色してしまうのです。時には斑に変色してしまうことも。毛髪の色素が抜けると全体の印象として老けたようにみられることもあるのです。

また、髪の毛の主成分であるタンパク質にも影響を与えるため、髪の毛自体の強さやしなやかさがなくなり、切れ毛などのダメージヘアになってしまいます。つまり、紫外線は髪の毛の老化を加速させる原因となるわけですね。

 

頭皮の細胞を壊す紫外線

紫外線の影響は髪の毛へのダメージだけでなく頭皮にも及びます。直接日光を浴び続けると頭皮は軽い火傷状態になり、細胞を壊してしまうのです。頭皮の細胞が壊れていくということは、髪の毛をつくる毛母細胞もダメージを受けるということ。毛母細胞がダメージを受けると、髪の毛の成長にも大きな影響を与えますし、抜け毛を増やす原因にもなります。

また、頭皮の中のメラニンをつくる細胞も破壊されることになり、白髪が増える原因にもなりかねません。頭皮がダメージを受けるということはそのまま育毛の阻害につながるので、薄毛を回避したい予防したいと思うのであれば、なるべく直射日光は浴びないようにするなどの紫外線対策が必要不可欠といえるでしょう。 

頭皮の紫外線対策はどうしたらいいの?

頭皮の紫外線対策として一番手っ取り早いのは、やはり屋外に出る時は帽子を被るということでしょう。直接、日光を浴びるよりは格段に紫外線を防ぐことができます。

ただし、注意しておきたいのが「きつい帽子を被らないこと」。頭にフィットしすぎた帽子は頭皮の血流を阻害する可能性が高く、薄毛を助長させる原因になりかねません。帽子を被る際はなるべくゆるめのものを被ることが大切です。

さらに注意しておきたいのが「長時間帽子を被らないこと」。長時間帽子を被ることで、頭皮が蒸れ、雑菌の繁殖に繋がり頭皮のかぶれや炎症を起こしてしまうことになります。帽子を被る際は定期的に屋内に入り、帽子を脱いで、頭皮環境を衛生的に保つように心がけることが大切です。

The following two tabs change content below.
斎藤光

斎藤光

充実したライフスタイルを実現するために役立つさまざまな情報を発信。「なるほどね!」と思って頂ければ幸いです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加