メンズに話題沸騰中の育毛ローション!M字、O、U字型、混合タイプまで対応。チャップアップ

女性からの指示多数!】口コミから全国の女性に広がった薬用育毛剤ポリピュアEX

「iPS細胞」が皮膚ごと髪の毛を再生させてくれる!?

この記事は約 2 分

「iPS細胞」のことをご存知ない人はいらっしゃらないでしょう。2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した山中教授ら京都大学iPS細胞研究所が作り出した人工多能性幹細胞(Induced pluripotent stem cells)のこと。再生医療に大きな期待が寄せられ、ニュースなどでiPS細胞から心筋細胞を作り出し、その細胞が本物の心臓のように動きだす姿を見たという人も多いのではないでしょうか?

そのiPS細胞が毛髪の再生にも貢献できる可能性が高いということは、iPS細胞が発表された直後から話題になっていましたが、この度、マウス実験においてiPS細胞で皮膚がまるごと再生することが確認されたのです。

毛を生み出す「毛包」や皮脂腺まで皮膚まるごと再生

この実験に成功したのは理化学研究所などの理研多細胞システム形成研究センターの辻孝チーム。

理研多細胞システム形成研究センターはマウスのiPS細胞を培養して、皮膚の組織となる細胞の塊を複数個つくり、マウスの体内に移植。マウスに移植された細胞の塊は、通常のマウスの皮膚と同じ構造をしたものを作り上げたのです。

その作られた皮膚を別のマウスに移植すると、見事、生着し、毛も生えてきたというのです。

理研多細胞システム形成研究センターではヒトiPS細胞でも、このマウス実験と同様に皮膚ごとまとめて毛髪を再生することは可能と話しています。

毛穴が消えた頭皮にも毛が生える?

皮膚をまるごと再生できるということは、培養したヒトiPS細胞で皮膚の組織となる細胞をつくり、頭部に移植すれば髪の毛の生える毛包ごと再生することができるということになります。つまり、ツルツルになってしまった頭部に髪の毛が生えてくる可能性もあるということです。

安全性の問題もクリア!

再生医療の画期的な発見として世界中から注目されているiPS細胞ですが、iPS細胞が「腫瘍化してしまう可能性」あるという課題がありました。しかし、さまざまな研究を経て、2013年には動物実験を終え、臨床実験を行うことを厚生労働省より認められ、2014年には実際に、iPS細胞由来網膜色素上皮細胞が患者に移植され、今のところ異常は現れていないという報告がなされています。

また、さらに脊髄損傷やパーキンソン病などの安全性を立証するための動物実験も着々と進められています。

この研究が完成すれば薄毛は改善することができるといえるのではないでしょうか?ノーベル賞を受賞したiPS細胞が薄毛にも一役買ってくれる未来もそう遠くないといえるかもしれませんね。
The following two tabs change content below.
斎藤光

斎藤光

充実したライフスタイルを実現するために役立つさまざまな情報を発信。「なるほどね!」と思って頂ければ幸いです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加