メンズに話題沸騰中の育毛ローション!M字、O、U字型、混合タイプまで対応。チャップアップ

女性からの指示多数!】口コミから全国の女性に広がった薬用育毛剤ポリピュアEX

ヘアサイクルを正常に戻す「IGF-I」

この記事は約 2 分

「IGF-I(Insulin-like Growth Factor-I)」は日本名では「インスリン様成長因子」と呼ばれ、人間の体内に必ず存在する物質。アミノ酸の結合体で骨や内臓、唾液に至るまで体中どこにでも存在します。

この「IGF-I」が近年、薄毛に大きな影響を及ぼすことがわかってきたのです。その効果は薄毛だけにとどまらず、ありとあらゆる老化現象の予防に効果を発揮するとか。たとえば、認知症の予防や糖尿病などの生活習慣病の改善、骨密度の増強や肌のアンチエイジングまでさまざまです。

その「IGF-I」が薄毛に効果をもたらす理由とは?

上記のように「IGF-I」にはアンチエイジング効果(老化防止効果)を期待することができます。つまり、IGF-Iを発毛因子として働かすことができれば、髪の毛をつくる毛母細胞が活性化して、髪の毛の成長を促進させることができるというのです。

実際、AGA(男性型脱毛症)で薄毛症状がでていた男性にIGF-Iを使用したところ、IGF-Iの刺激を受けて、毛母細胞が分裂をしはじめ、ヘアサイクルの休止期が短くなったという報告もあがっています。

どうすれば「IGF-I」が頭皮で増えるのか?

となれば、気になるのはIGF-Iの頭皮での増やし方ですよね。IGF-Iを頭皮で増やすためには「カプサイシン」と「イソフラボン」の同時摂取が必要とのこと。

カプサイシンは唐辛子などに含まれる辛み成分のひとつ。イソフラボンは大豆に含まれる女性ホルモンに似た働きをする成分です。この2つの成分が知覚神経を刺激することでIGF-Iを安全に増やすことができるのだそうです。

なぜ、カプサイシンとイソフラボンで髪の毛が増えるのか?

これは知覚神経から出されている「カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)」という物質が大きく関係しています。カルシトニン遺伝子関連ペプチドは本来、女性ホルモンによって分泌されるものなのですが、イソフラボンにカルシトニン遺伝子関連ペプチドを増加させる作用があるのです。

さらに、カプサイシンは知覚神経を刺激して、カルシトニン遺伝子関連ペプチドの放出を促進させる作用があることがわかっています。

つまり、イソフラボンでカルシトニン遺伝子関連ペプチドを増加させ、カプサイシンで放出を促進させることで、効率よく「IGF-I」を増やすことができるというわけですね。

いくら発毛効果が期待できるからといって、そればっかりを食べるのは厳禁です。食事はあくまで健康的にバランスよく。これが鉄則です。カプサイシンとイソフラボンの摂取量を増やしたかったら、晩御飯に唐辛子をちょっとまぶした冷奴やチゲ鍋なんていかがでしょうか?
The following two tabs change content below.
斎藤光

斎藤光

充実したライフスタイルを実現するために役立つさまざまな情報を発信。「なるほどね!」と思って頂ければ幸いです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加